◆『GRAM』シリーズ目次◆

   § : 『GRAM』目次
*7作品完結済*
読切連作/短~中編/異世界ファンタジー/魔法の世界/ドタバタ/コント/荒唐無稽/好き放題/魔道士/師匠と弟子/やさぐれ魔道士/召喚士/小人の兄弟/ツッコミどころ満載/ご都合主義/主人公がチート/細かいことは気にするな/

様々な魔法を扱う「魔道士」も、数ある職業の中の一つである世界。「魔剣グラム」という通称を持つ、根性曲がり+やさぐれ+所帯じみた、曰く「大陸屈指の黒魔道士」カーレルさんと、その弟子エミルくんを中心とした、荒唐無稽ドタバタファンタジーです。基本的にコントで、突っ込みどころ満載の内容です。

短~中篇による連作方式で進行し、お話はどれもその話内で完結していますが、いちおうメインストーリーは存在しています。そのため時系列順に読み進める方が分かりやすいとは思いますが、正直そんなに気にしなくても良い内容でもあります。

というわけで、とりあえず時系列ごとにお話を並べておきます。【 】の数字は、シリーズとしての通し番号となっております。




【1】「その時、差した光」
序章/発端/出会い/過去/束縛と解放/シリーズ唯一のシリアス/
(短編/完結済/約1800文字/読了時間約3分)
シリーズ全体のプロローグ的な、お話ともつかないお話です。


【2】「無情も嵐も踏み越えて」
師匠と弟子/出会い/貧乏な魔道士/モグリ/好き放題/召喚士/人生の選択/
(中編/完結済/約28000文字/読了時間約56分)
平和なシャザレイムの街に住むやさぐれ魔道士のカーレル。その前にある日突然、エミルと名乗る無害そうな一人の少年が現れます。「腕試し」として、カーレルは突然エミル少年に挑みかかられますが…。
カーレルさんとエミル少年の出会い篇、といったところです。
-前編-/-中編-/-後編・了-


【3】「うららかに、桜舞う午後」
桜/オフモードのレラさん/年上のお姉さん/淡い想い/
(短編/完結済/約4300文字/読了時間約8分)
レラさんとエミルくんが、桜を眺めながらのんびりお話をしています。カーレルさんは出てきません。


【4】「乙女の祈りは罪深く」
仕事の依頼/人捜し/ヤクザそのものの生きざま/苦労する弟子/ドタバタ/
(中編/完結済/約20000文字/読了時間約40分)
ある嵐の晩、カーレルさんのところに一人の美少女が「人捜し」の依頼にやって来ます。内容は相変わらずドタバタです。
-前編-/-後編・了-


【5】「プニプニパニック~そして街は戦場になった~」
ぷにぷに/イカレ学者とイカレ魔道士/無限増殖/悟った弟子/てんやわんや/
(短編/完結済/約12000文字/読了時間約24分)
何も考えずにお読みいただけるバカバカしい短編です。いつも平和なシャザレイムの街をある日突然襲った、とある「災厄」の模様をお届けしています。


【6】「深淵を見るは鷹の慧眼」
古代遺跡/珍しくまともに見える魔道士/友人は曲者/災難な弟子/
(中編/完結済/約20000文字/読了時間約40分)
カーレルさんが趣味で研究している、古代魔法国家(ロスト・エティマ)の遺跡にお出かけします。またこのお話で、カーレルさんの友人でもあり、シャザレイムの街から近隣一帯を治める大領主・イズビゲント候が初登場します。
-前編-/-後編・了-


【7】「神なる竜に接吻を」
師匠と弟子/喧嘩/大暴れ/謎の教団/経典/秘儀/古代語魔法/召喚士/竜/てんやわんや/
(中編/完結済/約60000文字/読了時間約120分)
少し長め、かつ「ファンタジーらしいファンタジー」を書いてみようという試みのお話。ある日カーレルさんと喧嘩をして宿を飛び出してしまったエミルくんですが、そのまま正体不明の団体に誘拐されてしまいます。
ファンタジーといえば竜、ということで、竜さんが出てきててんやわんやになります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11・了





★企画もの★
「カーレルin聖堂」
企画もの/パラレル作品/カーレルさん御一行/聖堂/骨董屋/店主さん/訪問/
【 短編/完結済/約3400文字/読了時間約7分】
お世話になっている悠凪様の作品世界に登場する、「聖堂(ひじりどう)」という骨董品屋さん。
こちらのお店に、どうしたわけか「GRAM」のカーレルさん御一行が訪問させていただきます。
悠凪様の希望・及び承諾の上で書いた、なんともおかしなパラレル企画です。
色々な意味で無理のある企画だったため、覗いていただければ一目瞭然ですが、相当に遊んだ内容になっております。