◆『飛天魔行』シリーズ目次◆

   § : 『飛天魔行』目次

読切連作/短~中編/シリアス/異世界ファンタジー/東洋風/陰陽の世界/天地の理/神と魔物/魔物退治/半神半人/人外/天魔/神器/天雅刀/天照鏡/瓏月弓/恋愛要素あり/複数の主人公/少年と少女/腹黒い年長者/鳳凰の雛/

「天魔」と呼ばれる半神半人の存在達を主人公にした東洋風ファンタジーです。
天魔達は不老かつ不死に近く、各々「神器」と呼ばれる破魔の道具を所有しています。天魔達は「天地の均衡」を保つために「蚩鬼=悪い氣の集まり、魔物のようなもの」を退治する役割を負っています。
「沙夜」「氷弥」「月読」という三人の天魔達を主軸に、それぞれのドラマや魔物退治的なネタを扱っていきます。
※注意:読み仮名が必要なものが多いため、( ) による記述が多めです。





「天道神祇の詔文」
序文/伝承/異世界ファンタジー/東洋風/陰陽の世界/神と魔物/半神半人/天魔/神器/天凌五嶽/支天柱/
【短編/完結済/約500文字/読了時間約1分】
シリーズ全体の序文のようなものです。このお話の世界に伝わる「神話」であり、天魔やこの世界についてを述べているものでもあります。


「ある四阿にて -飛天魔行閑話-」
異世界/東洋風/陰陽の世界/ファンタジー/魔物退治/半神半人/不老/人外/天魔/神器/月読/瓏月弓/四阿/世間話/閑話/
【短編/完結済/約3400文字/読了時間約7分】
シリーズの主人公の一人・月読さんと、その旧知の人外の少年が、何気ないお話をしています。


「最果ての恋」
異世界/東洋風/ファンタジー/天魔/神器/天雅刀/少年/出逢い/皇子/陰謀/幼馴染み/純愛/悲恋/
更新中/中編/約?文字/読了時間約?分】
[ 各頁へ→ 1 2 3
大陸の北方に位置し、たいした資源も産業もない小さな国――「瓊眞」。中央から忘れられたような貧しい北の小国を心から愛し、懸命に盛り立てようとする、若き皇子・皓此がいた。
病に倒れた父皇に代わり未熟ながらも奔走する皓此に、周囲の者も期待をし心を寄せる。
貧しくはあるが美しいその国と皇子の上に、しかしある出来事を境に、次第に暗雲が垂れ込め始めた……。
後に神器「天雅刀」を所有することになる天魔の少年が、まだ「人」としてあった頃。とある北の国で、哀しくも真摯に生きた、一人の若者の物語です。